正しいドッグフードの選び方

愛犬のために重要なドッグフード選び

低脂肪でグレインフリー

低脂肪でグレインフリー 低脂肪でグレインフリーなドッグフードは、特に肥満体型の犬やアレルギー体質の犬にお勧めとなっています。脂肪分が多いとより太りやすいですし、太りすぎると心臓病や足の怪我にも繋がる危険性がありますのでダイエットが必要となります。
こういった場合は、低脂肪なドッグフードを選んで少しずつ運動をしていくことで解消できることがありますのでお勧めです。グレインフリーは穀物が入っていないドッグフードという意味で、穀物類をとることで体や足の指の間が赤くなったりかゆくなったり、吐いてしまったりする犬にお勧めとなります。
穀物はドッグフードに入っていなくても栄養面では問題ありませんし、毛艶が悪くなってしまう可能性もありますので出来れば入っていないものを選ぶことをお勧めします。
健康に気を使ったフードを選ぶことで犬が健康的に過ごしやすくなることが多くありますので、少し価格は高くなりますが安全基準が高く余計なものが入っていないものを選びましょう。

シニア犬にはヘルシーな低脂肪タイプのドッグフード

シニア犬にはヘルシーな低脂肪タイプのドッグフード 夜鳴きや無駄吠えをしたりトイレに行く途中で漏らしてしまったり筋力の衰えで転びやすくなったり反応が鈍くなってコミュニケーションがとれなくなったりなど、シニア犬にまつわる不安や心配や悩みやトラブルはたくさんありますが、運動不足で太ってしまうというのもその一つです。
愛犬が加齢で肥満気味になってきたなと感じたら、低脂肪でありながら栄養価が高いヘルシーなドッグフードに切り替えるべきです。
シニア犬は筋力も体力も低下しているので、ドッグランに連れて行ったり玩具を与えたりしても活発に動いてくれません。運動でダイエットをするのは至難の業ですので、ドッグフードを工夫するというのが手っ取り早いダイエット方法です。
人間の場合はタンパク質を積極的に摂取して筋肉量を増やすというのがアンチエイジングにつながりますが、犬の場合はタンパク質を摂取しすぎると腎臓に負担がかかってしまいます。
タンパク質は少なめで、足腰を強化させることが出来る成分のグルコサミンやコンドロイチンが配合されているタイプを選ぶのがおすすめです。

-->